読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノワール映画は、いいのであーる

文化

 

f:id:mavze:20160926124611j:plain

 

ノワール作品は、40年代から50年代までが最盛期です。ヨーロッパ製もありますが、やはりハリウッドがいいですね。

カラーの作品もありますが、やはりモノクロが本筋でしょう。内容が暗いし、複雑な人物描写がありますからね。光と影が織りなすアンダーな映像は、観客を揺さぶるのです。

ジョンヒューストン「マルタの鷹」ビリーワイルダー「深夜の告白」フリッツラング「飾り窓の女」などの有名作もいいですが、低予算のマイナー作品も捨てがたい魅力があります。ここに紹介しましょう。

 

B級ノワール論――ハリウッド転換期の巨匠たち

 

広告を非表示にする