読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スワジランドは、アフリカの小さな小さな国です

地理

 

f:id:mavze:20161014200435g:plain

 

僕は国連の日本事務所に働くことになった。そこで、スワジランドの調査を命じられた。色々調べてみると、中々に興味深いことがわかってきた。

世界で人口当たりで7番目に殺人が多い物騒な国で、国王が絶対的な力を持つ君主制で、エイズの感染率が世界一の国だそうだ。そこには、前近代的女性差別があるようで、コンドームが禁止され、最低でも5人の子供を産まなければいけない。そして当然のように、男尊女卑で性暴力が蔓延している。

僕はいやだなあ~と思った。そんな所に行きたくないと思った。偏見かもしれないけど、仕方ない。安全で快適な日本しか知らないんだもの、仕方ないよw

 

スワジランド - Wikipedia

 内陸国、西部には標高1200m以上の山地が広がる。地形は全般に西の高地から東の低地へと傾斜しており、もっとも標高の低い東端地域では標高150m程度にまで高度が下がる。降水量は標高とほぼ比例し、西部は年間降水量が1900㎜にのぼる地域があるのに対し、東部の雨量は500㎜程度にすぎない

(ソース・「スワジランド2016年10月10日08:53UTCの版ウィキペディア日本版』)

 

広告を非表示にする