読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇陛下万歳!!って、何時から始まったのか?

文化

私は書道家だ、字が上手いのだ。朝は散歩を欠かさない。心が落ち着くからである。そして自宅の豪邸の大きな庭に行き、大声で、皇居に向かってこう叫ぶ。「天皇陛下万歳!」と。

これは、日本ができてから何百年と、連綿として受け継がれてきた、偉大な伝統格式なのだ・・・と思っていたが実は違うらしい。

1889年つまり明治22年のこと、大日本帝国憲法が発布された日に式典が宮中で行われ、明治天皇二重橋から出てきた際に、帝大や学習院大学の連中が唱えたのが初めてらしい。

意外と最近なんだな。確かに万歳という言葉は、それまでは口に出して言うものでは無かった。話し言葉に書き言葉か・・・言いえて妙だなw

天皇崇拝も程々にして、私は硯に墨汁を注ぐと、紙に向かうのだった。

 

完全保存版 天皇125代 (別冊宝島 2128)

完全保存版 天皇125代 (別冊宝島 2128)

 

 

広告を非表示にする