読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ全国放送の天気予報なのに、東京ばかり優先するのか?

地理

ボクは、フリーランスでプロダクトのデザイナーをしている。スマホから掃除機まで色んな製品の外観をデザインしているんだ。ここ北海道は札幌でね。

これだけITが発達してるんだもの、必ずしも東京でやる必要はないんじゃないかな。月一のクライアントとの打ち合わせで行くけど、それで十分なんだ。

実際、ここの環境は気に入ってるよ。適度な地方都市のサイズというのかな、規模感がね、心地いいんだ。

でもね、困ったことがたった一つあるんだ。それは、朝のNHK天気予報だ。ボクはね、サイドビジネスとして、ささやかながら林業もやってるんだ。

これは午前中にやる仕事でね、山の中に入るわけだ。そして、午後は山を下りて、自宅でデザインの仕事をするんだ。山の中で味わう昼メシは最高さ。

しかし、山に入るかどうかは、天候がカギを握るんだな。雪が降ってなくても、少しでも怪しい時は出かけないよ。そういう時は一日中ウチでパソコンとにらめっこだ。

そのタイムリミットは、7時前の天気予報なんだ。一刻も早く知りたいんだけど、そこに出てくる姉さんは、渋谷の天気はどうの、関東はこれから雨が降るだの、今の東京の気温はカイロ2個分くらいの寒さです~(^O^)/とか、のたまうわけですよ。

おい、こっちは吹雪なんだぞ!それくらいの寒さ、どうってことないだろ!って感じでね。要するに、さっさと全国の天気と気温をやれってことなんだよね。

つうか、わざわざ渋谷の中継なんかしなくていいんだよwそんなの、関東ローカルに切り替わった時にやれって話だよね。

そりゃ~その後で、北海道ローカルの予報になるんだけど、こっちは一分一秒を争う仕事をしてるからね、ほら山までは遠いからさ。

ま、短気は損気だよねw気長に構えるとしますか・・・

 

晴雨予報グラス

晴雨予報グラス

 

 

広告を非表示にする