読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島の牟岐町に急行せよ!

地理

僕は、IMR(Impossible Mission Region)のリーダーだ。地方を盛り上げようと、極秘ミッションを遂行するスペシャリストたちの半官半民のチームである。

 

郊外のレンタルビデオのショップ。平日で、閑散としている。CDレンタルの棚に行くとお目当てのディスクを見つけた。カバーには「民謡傑作選」と書いてある。

それを、店備え付けのCDプレーヤーにセットする。

「・・・おはよう辺留不須くん、徳島県牟岐町は、南東部の太平洋に面する4千百人あまりの小さな町だ。漁業が盛んで、黒潮が流れるダイビングスポットとしても有名らしく、サンゴも名物となっている。ここにモラスコむぎという水族館がある。主に貝類を展示しているそうだが、経営の悪化で休業が危ぶまれている。そこで君の使命だが、この水族館の存続を図ることにある。例によって、君もしくはメンバーが捕らえられあるいは殺されても、当局は一切関知しないのでそのつもりでな。なお、このディスクは自動的に消滅する。成功を祈る・・・」

しばらくすると、煙が出てきた。バイトの店員に叫ぶ。

「おい!こっから煙が出てるぞ!消火器を持ってこい!」

「あ、はい!」

女子大生らしいバイトは、フレッシュな感じで颯爽と行動に移した。それを遠目で確認すると、すぐさま現場を立ち去った。

 

f:id:mavze:20170112150848g:plain

(ソース・どうまん山のページ)

 

自宅に帰り、熱いシャワーを浴びてすっきりさせる。

そして、バスローブ姿で、分厚い革製のファイルケースをホームバーのカウンターに乗せる。傍らには、新聞資料を置く。

 


ウィスキーの水割りを飲みながら、立ったままメンバー選びをしよう。

牟岐町・・・典型的な海の町といえそうだが、その中心的な施設のモラスコむぎが存亡の危機にあるとは穏やかではない。ちなみに、モラスコとは軟体動物のことを言うそうだ。ここは、軟体動物のように、頭を柔らかくして作戦を練った方がいいだろう。

 



広告を非表示にする