読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログと共に去りぬ

管理人のマブゼと飼い猫のニャン吉でお送りする対談。

 

マブゼ「ふう、疲れたなあ~」

ニャン吉「どうしたニャ?ブログ書いただけでニャア?」

「違うよ!昨日から、バイト始めたでしょ!」

「ああ、そうだったそうだったニャwビル清掃だっけニャ?」

「うん、短時間だけど、久しぶりに働いたから筋肉痛がひどくてさ」

「だから、無理にせんでもって、言ったニャ。オレが、デイトレで養ってやるんだから」

「いつまでも、飼い猫に養ってもらうなんて・・・」

「あんニャ、飼い猫じゃないって、何度言えばいいニャ!前はそうだったかも知れんがニャ、デイトレ始めてからは、立場が逆転したんだニャ!」

「う~ん、どうも、その設定がおかしいよなwま、面白ければいいやw」

「は?何言ってるニャ。オレはね、覚醒したんだニャ!」

「はいはい。そういうことにしときましょw」

「・・・まあ、いいニャ。とにかく、ブログの方はどうなってるニャ?」

「うん、相変わらずの低空飛行だよw」

「呑気に言ってる場合かニャ~ほれ、人気のブログを見てみろニャ!」

 


「ほう、音楽オタクが選んだベストアルバねえ・・・」

 


「それだけじゃないニャ。IoTしすぎ不便になったとかニャ、こういうのがPVを稼ぐんだニャ!」

 

 

「(・_・D フムフム・・・」

「感心してる場合じゃないんだニャ。それに比べ、何だ、あんたのゴミブログはニャ!」

 

 

「いやあ、面目ない(>_<)精進します!」

「がんばれニャ・・・道は遠いニャ・・・」

 「でもなあ、こういうのってよくある内容だよねw」

「そうかもだがニャ、王道なんだニャ。あんたみたいな、下手な創作モドキの記事なんか、毒にも薬にもならないニャw」

「現時点ではね、現・時・点・ね!」

「・・・ほう、じゃ、これからのマブゼ先生にご期待ください!・・・かニャ?」

「まだ、方向性がね・・・いや、徐々にだけども、見えてきつつはあるかなあ・・・とは思う」

「何を悠長な・・・いいかニャ、今年の夏までに1万PVを達成しなかったら・・・」

「はいはい、ブログ廃業して、専業主夫としてやれってことでしょ?」

「うんニャ。いつまでも、ダラダラ見込みのない事してても、しょうがないからニャ。見切りが肝心ニャ!」

「でもさ、こういうのは一年や二年ではねえ・・・」

「いや、1万PVなんて数字は、平気の平佐で稼ぐようじゃないと、あかんニャ!ブログだけで食うには、10万PVがスタートラインだからニャw」

「へえ~こりゃ、たまげた!」

「アホ!そんなことも知らんで、ブログやっていたのかニャ!あ~あ、こんなんで大丈夫かニャ~」

 

広告を非表示にする