読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツの歴史は面白い

どうも、毎度おなじみの刑事小論保です。今、あたしゃ、千葉県警の警務部にいましてね、「スポーツ指導」を担当することになったんですよ。

 

まあ、主に柔道とか剣道らしいんですがね。
もちろん、あたしにそんな特技ありませんよ。いやあ、殺人課から、左遷させられちゃいましてねw
とりあえず、名目上はスポーツ指導になってるんですが、何かそのう、スポーツに関する資料を集めとけなんてことでね、図書館に通ってる毎日なんです。
まったくね、この年になって、図書館通いなんて、どうかしてますなあ・・・
しかし、今さら、辞めるわけにもいかないし。ローンがね、沢山残ってましてねw
退職金の事も考えると、石にしがみついてでも、残らないといけないんですわ。カミさんにも、そこはね、きつく言われてるんですよw
ほんと、刑事なんてのは、因果な商売ですな。

さてと、調べものにかかるとするか・・・

まずは、スポーツの歴史をね、知らないといけないでしょ。

古代は、

辺りが盛んにやってたようです。種目としては、レスリング・重量挙げ・競走・槍投げ・戦車競走などがあったそう。

まあ、何といっても、ギリシャ古代オリンピックがね、有名でしょうな。

中世になると、貴族や騎士のスポーツになります。乗馬とか射撃とかね。優雅な感じですが、実際は厳しかったようです。

市民や農民も、この頃になると、スポーツをやっていたそうです。

近代になって、今のスポーツの基礎ができました。フットボールとかね。そして、近代オリンピックも開始されたわけですな。

現代は、ますます商業主義になって、ドーピングとか問題を起こしてますよねえ。困ったもんだ。

 

 ・・・でも、こんな団体があるんだ。

 


スポーツおよび体育の歴史研究に寄与することを目的とする

(スポーツ史学会のホームページより)

 

東海大の体育学部にあるらしいけども、面白そうだなあw

例えば、「野球における投手のオーバースローの運動技術史」とか「プロ野球選手会の労使交渉過程」とかね。

まあ、しかし、こういうスポーツにも、色んな学ぶべき歴史があるんですな。

あとね、この学会、無批判に2020年の東京五輪を礼讃してないね。1964年の五輪もね、厳密に検証してるみたいだ。

・・・あたしも、見習わなきゃいけないですねえ。

 

スポーツの歴史と文化―スポーツ史を学ぶ

スポーツの歴史と文化―スポーツ史を学ぶ

 

 

広告を非表示にする